トップページ > 日本支店設置の流れ(外国人)

日本支店設置の流れ(外国人)

日本支店設置の流れ

日本支店を設立する場合、以下のような流れで手続きが進みます。案件によっては、この他にも手続きが必要な場合があります。一度ご相談下さい。

ステップ1母国の法人の印鑑証明書、登記事項証明や営業許可証、定款等を取得します。すべて日本語翻訳します。

ステップ2母国もしくは本国の外国大使館で宣誓供述書を作成します。

ステップ3立登記申請に必要な添付書類と、登記申請書を作成します。会社の状況に合わせて書類を作ります。登記申請日が支店の設立日になります。

ステップ4日本支店の設立手続き完了後には、各種の届け出をします。税務署、都道府県税事務所、社会保険事務所、労働基準監督署、公共職業安定所などに届出書類を提出します。

ステップ5支店設置後はビザ申請を行います。必要な書類を作成して入国管理局へ提出します。

ステップ6日本支店設置・経営管理ビザ取得後は、会社を経営していくことになります。その際に知っておきたい税務・労務管理の専門家の活用方法をお知らせします。日本支店設置後も日本ビジネス成功へのきめ細かいサービスを心がけます。

k̂\݃tH[

͂߂Ă̂qlp_C

ÉGA052-446-5087

必要書類

不許可になった方へ

比較してみました

会社運営サポート

会社運営サポート