トップページ > 会社印鑑の購入方法

会社印鑑の購入方法

日本で会社設立する際には、会社の印鑑が必要です。登記申請の前までに会社印鑑をご用意していただく必要があります。中国・韓国・台湾の方は印鑑文化があるのですぐにご理解いただけますが、それ以外の国ではそもそも印鑑文化圏ではないため「よくわからない・・・」という外国人の方もいらっしゃいます。

そこで会社設立時に購入する印鑑についてご説明したいと思います。

1、代表印

代表印は会社の【実印】です。代表印は実印として法務局に登録します。印鑑登録すると、印鑑カードが法務局から発行され会社の印鑑証明書がいつでも法務局で取得できるようになります。会社として様々な契約を行う際には、契約書に実印を押し会社の印鑑証明書を添付するケースが多くあります。不動産の売買や賃貸、銀行から融資を受ける際には必ずと言っていいほど、実印&印鑑証明書のセットで契約書を作成することになります。

2、銀行印

銀行印は一般的に法人口座を作成するときに使う印鑑です。銀行用に自動引き落とし契約やその他の用途でも銀行での取引に使います。銀行印は会社設立においては必ず必要というわけではありません。実印を銀行口座開設に使っている会社も多いです。代表印と銀行印を同じハンコにすると楽ですが、万が一なくしてしまうと再発行手続きが非常に煩雑になります。

3、角印

角印は言葉の通り、四角い印鑑です。法務局に登録もしませんし、銀行に登録もしません。ですので、法律意味合い少ない印鑑です。角印の使用方法としては請求書や見積書に捺印して使うことが多いです。角印がない場合、つまり代表印しかないと請求書や見積書にも実印を押すことになります。請求書や見積書の作成はスタッフがやることを想定すれば角印があった方がリスク管理としてはよいと思います。

k̂\݃tH[

͂߂Ă̂qlp_C

ÉGA052-446-5087

必要書類

不許可になった方へ

比較してみました

会社運営サポート

会社運営サポート