トップページ > 帰化申請の必要書類

帰化申請の必要書類

帰化の書類はこんなにたくさんあります!

帰化申請には『自分で作成する書類』 『取寄せる書類』 『自分で持っている書類等の写し』 『その他』 の4種類があります。

自分で作成する書類

① 帰化許可申請書

② 帰化の動機書 ※特別永住者は不要

③ 履歴書

④ 宣誓書

⑤ 親族の概要を記載した書面 

⑥ 生計の概要を記載した書面

⑦ 事業の概要を記載した書面 

⑧ 自宅勤務先等付近の略図

取寄せる書類

官公署等から取寄せる必要がある書類は、給与所得者か会社経営者かで異なっています。

国籍によっても若干異なります。また外国語で書かれている書類は翻訳も必要です。

主な書類は以下の通りです。※国籍やその他状況により必要な書類は異なります。

① 本国法によって能力を有することの証明書

例:家族関係登録証明書(韓国)

戸籍謄本(台湾)など

② 在勤および給与証明書、最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書

③ 国籍を証する書面

例:国籍証明書

家族関係登録証明書(韓国)

戸籍謄本(台湾)

国籍の離脱または喪失証明書 

出生証明書

旅券など

④ 身分関係を証する書面

例:出生証明書

婚姻証明書

親族(親子)関係証明書

裁判書

審判書 

調停調書の謄本

日本の戸(除)籍謄本

出生届 

死亡届

婚姻届

離婚届

養子縁組届

認知届

親権者の変更届等の届書の写し

記載事項証明書または受理証明書

住民票

⑤ 外国人登録済証明書

⑥ 納税証明書

例:税務署、都道府県税事務所、市区町村役場から取得

⑦ 法定代理人の資格を証する書面

⑧ 会社の登記簿謄本

⑨ 預貯金の現在高証明書、有価証券保有証明書、不動産登記簿謄本

⑩ 運転記録証明書

自分で持っている書類等の写し

① 貸借対照表、損益計算書の写し

② 自動車運転免許証などの技能資格証明書の写し

③ 確定申告書控えの写し(法人・個人)

④ 卒業証明書または卒業証書の写し

⑤ 事業に対する許認可証明書の写し

その他

ケースによって、提出を求められます。

例えば・・・スナップ写真、医師の診断書、不動産の内部・外部の写真など

帰化の申請にチャレンジしましょう!

このような方は無料相談にお越し下さい。無料相談のお申込は、お申込フォームまたはお電話で受付ております!自分は帰化の条件をクリアしているのかわからない....帰化の条件をクリアしていそうだが自分で申請するのは難しそう....帰化について勉強するのは面倒なので最初から専門の行政書士に頼みたい....

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧