トップページ > 簡易帰化の9つのケース

簡易帰化の9つのケース

簡易帰化の9つのケースと大帰化

簡易帰化は在日韓国人・朝鮮人(特別永住者)の方や、日本人と結婚している外国人が当てはまります。ちなみに「簡易」という名称が使われていますが、帰化の要件のハードルが下がっているという意味であり、書類上の手続きは簡易になっているとはいえません。書類作成に関してのボリュームの多さは一般の外国人とほぼ同じかそれ以上になります。

簡易帰化のケースは主に9つあります。

1,日本国民であった者の子(養子を除く)で、引き続き3年以上日本に住所または居所を有する人

このケースに当てはまるのは、両親が外国に帰化して自分も外国籍になっている場合が当てはまります。例えば日本人家族がアメリカへ一家で移住し、アメリカ国籍を取った場合を考えてみます。父母はアメリカ国籍で、子が日本国籍を取りたい場合に、子は「日本国民であった者の子」に当たるので、引き続き3年以上日本に住めば日本国籍を取れるということです。

2,日本で生まれた者で引き続き三年以上日本に住所若しくは居所を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く。)が日本で生まれたもの

日本で生まれた在日韓国人・朝鮮人の方の多くがこのケースに当てはまります。
在日韓国人・朝鮮人の帰化要件については後で詳しく説明します。

3,引き続き10年以上日本に居所を有する者

このケースも在日韓国・朝鮮人の方の多くがこのケースに当てはまりますし、また一般の外国人の方でも10年以上日本に住んでいる方は、1年以上就労経験があれば帰化されうるのはこの要件にあてはまります。

以上の1,2、3のいずれかに当てはまる方は普通帰化で求められている5年の住居要件が緩和されます。ですので能力要件、素行要件、生計要件、喪失事項、思想関係を満たしていれば帰化申請が可能です。

4、日本国民の配偶者たる外国人で引き続き三年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの

日本人と結婚している外国人がこのケースに当てはまります。日本に3年以上住んでいる場合、日本人と結婚した時点で帰化の要件を満たせます。

5,日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から三年を経過し、かつ、引き続き一年以上日本に住所を有するもの

4と同じく日本人と結婚している外国人がこのケースに当てはまります。この場合は外国で結婚生活を送っていたが、その後来日し1年以上日本に住んでいる場合に帰化要件を満たせます。

以上の4、5のいずれかに当てはまる方は住居要件と能力要件が緩和されます。引き続き5年以上住んでいなくても大丈夫ですし、20歳未満でも素行要件、生計要件、喪失事項、思想関係を満たしていれば帰化申請が可能です。

6 日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの

このケースに当てはまるのは、両親だけ先に帰化して日本国籍と取り、子供が後で帰化する場合が当てはまります。また、日本人の子であるが日本国籍を選ばなかった人が、のちに帰化する場合にも当てはまります。

7,日本国民の養子で引き続き一年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であつたもの

未成年の時に、親の再婚などにより、連れ子として日本に来た外国人の方で、来日の時に義理の父(母)と養子縁組をしたようなケースが当てはまります。

8,日本の国籍を失った者(日本に帰化した後日本の国籍を失った者を除く。)で日本に住所を有するもの

外国籍になった日本人が、再度日本国籍に戻るときが当てはまります。
有名なところでは猫ヒロシ(カンボジア国籍)が再度日本国籍を取得したいと思った時は当てはまりそうでしょうか・・・

9,日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き三年以上日本に住所を有するもの

上記の6,7,8,9に当てはまる方は住居要件、能力要件、生計要件が緩和されます。

大帰化

日本に対して特別に功労実績のある外国人に対して許可されるものが大帰化ですが、現在まで許可された前例がなく、おそらくこれからもないであろうと予想されます。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

帰化許可申請書(無料ダウンロード)

必要書類一覧