トップページ > 入国管理局の実態調査部門について

入国管理局の実態調査部門について

これから国際結婚をして「日本人の配偶者等ビザ」を取ろうとお考えの方に情報を提供したいと思いますが、入国管理局には「実態調査部門」というものが設けられておりまして、国際結婚で配偶者ビザ申請をした「書類の申請内容」と「実態」が合っているかどうかを調査する専門部署があるということです。

 

「実態調査部門」というのは、年々増えている偽装結婚を摘発するための部署です。摘発するための部署ですので警察と同じような権限があり、取り締まりを行っております。

 

よってこれから入国管理局へ配偶者ビザ申請を行おうという方は、真っ当で真面目な結婚であればこそ、少しの矛盾点や虚偽的な表現が見つかれば「偽装結婚」ではないか?と疑われる可能性があるということを肝に銘じて申請を行っていく必要があります。

 

偽装結婚というのは、結婚する意志がないのに婚姻していることをいいます。なんのために偽装結婚するかというと、外国人側が「日本のビザ」を取りたいからなのですが、在留資格「日本人の配偶者等」というのは、とても使い勝手がよいビザで、どんな仕事をしても大丈夫、労働時間の制限がない、永住権や日本国籍が取りやすいなどいろいろなメリットがあります。

 

他のビザであれば、肉体労働では働けない、週何時間上限で労働時間に制限がある、永住や帰化がしにくいなどいろいろな制限があるのに、日本人の配偶者ビザはまったく制限がないのです。しかも配偶者ビザ取得のためには学歴もお金も必要ないのです。

 

「愛している」ことをよそおってビザを取得することを偽装結婚と言います。そして偽装結婚は犯罪の温床になっており、入国管理局では躍起になって偽装結婚の摘発に取り組んでいます。

 

入国管理局が真面目な結婚なのか、偽装結婚なのかを判断するポイントはいくつかあります。それは、過去偽装結婚で摘発した案件のデータから次に掲げるようなケースでは偽装結婚の疑いが強いと疑いを持つようにしています。

 

1、お互いの両親に挨拶していない。

一般的な常識であれば結婚する二人がお互いの両親に挨拶するのは当然です。結婚するカップルの大多数が結婚する時にお互いの両親に挨拶するのに、挨拶していない場合は入国管理局側の立場としては「どうして両親に挨拶していないのか?挨拶できない理由があるのか?偽装結婚だから挨拶できないのでは?」となるのです。もちろん真面目な結婚のカップルでも諸事情により両親に挨拶できない理由もあるでしょう。そうであれば真面目な国際結婚カップルは両親に挨拶できなかった合理的な理由をしっかり説明しなければならないのです。

2、出会ってからすぐに結婚している。

普通の日本人同士のカップルの結婚に至るまでの平均交際期間は2~3年というデータがあります。結婚するカップルが平均2~3年交際してから結婚するというのに、数カ月でスピード結婚となれば平均から大幅にずれているわけで「なぜこんなに早く結婚したのだろう?さっさと結婚してビザを取りたかったからではないか?つまり偽装結婚では?」と入国管理局は疑うわけです。

もちろんスピード結婚=偽装結婚ではないことは知っています。スピード国際結婚されるカップでも真面目な結婚の方も多いでしょう。ただ、芸能人でもスピード結婚となればニュースになるのと同じことで、基本珍しいことなのです。珍しくとも真っ当な結婚であることを証明するために、なぜスピード結婚に至ったのかの経緯を詳細に説明する必要があります。

3、インターネット上の出会い系サイトで知り合っている。

最近はネット社会ですので、インターネット上で男女が知り合って結婚に至るケースも多くあります。これもほとんどは結婚に至るカップルはインターネット上で知り合ったとはいえ、結婚にいたるということは真面目な交際を経たうえでご結婚に至ったとは思いますが、国際結婚に限って言えば偽装結婚の温床となっている出会い方ではあります。偽装結婚になるケースとしては、日本人側は真面目なのだけれど、外国人側が日本に来たいがために手っ取り早く日本人を探すために出会い系サイトに登録しているというケースです。目的が結婚ではなく来日のための結婚になっているのです。

よってインターネット上で知り合い国際結婚に至った場合では、しっかり交際に至った経緯を説明し、偽装ではないか?という入国管理局の懸念を払しょくする必要があります。

4、日本人の配偶者側(身元保証人)の収入が少ない。

日本人側が無職やアルバイト・パートなどで収入が著しく低い場合は、配偶者ビザの取得が難しくなります。愛はあっても結婚生活には現実的にはお金がかかるわけで、お金はどうするんだ?という入国管理局側からの視点があります。お金がなければ結婚生活は早々に破たんする可能性が高くなりますし、生活保護になれば外国人を入国させたことで国の負担が大きくなるだけです。ご本人夫婦に安定した収入がない場合には、ご両親や親族の援助を受けたり、その他にも生活を安定させるための申請手法がありますので、収入が少なくて配偶者ビザ申請に不安があるという方は一度お問合せいただければと存じます。

5、離婚歴がある方の配偶者ビザ申請は慎重に説明すべきです。

お互いに初婚ではなく再婚の場合は、配偶者ビザ申請にあたって注意すべき点があります。まず日本人側が過去に外国人と結婚と離婚を繰り返していた場合、その結婚の期間にもよりますが、過去の結婚期間がかなり短くて離婚していた場合、入国管理局が疑う可能性があるのは過去の結婚は日本人が外国人の配偶者ビザを取らせるために協力していたのではないか?ということです。
次に外国人側も同じで過去に日本人と結婚、離婚を繰り返していた場合も配偶者ビザを取るために日本人に協力してもらっていたのではないか?という疑いを入国管理局からかけられます。
もちろん、過去に離婚経験があるからすぐに不許可となるわけではありませんが、上記のような観点を入国管理局はもっていますので、過去離婚経験がある方は、今回の結婚は正真正銘真っ当な結婚であることをしっかり文書で説明&証明しなければ不許可リスクが高くなるということを心にとめておいてください。

6、年齢差が大きい国際結婚の場合は偽装結婚を疑われる可能性が高くなります。

日本人側が40~50代で、外国人側が20代~30代前半の場合の国際結婚では、もしかしたら偽装なのでは?と入国管理局が考える可能性があります。統計上では、結婚するカップルの年齢差というのは平均的には5歳差くらいまでが非常に多いのですが、10歳以上の年齢が離れた夫婦というのは日本人同士の結婚でも珍しいものです。結婚というのは同世代と結婚する割合が高いのです。仮にあなたが50代で20代の相手と結婚したら周囲に驚かれるでしょう。それくらい珍しいことなのですが、国際結婚では割と多いのです。そして偽装結婚で摘発された過去の事件でも年齢差が大きいカップルが多かったので、入国管理局も年齢差が大きい=偽装かも?という観点になります。

年齢差が大きい国際結婚カップルではほとんどのケースで日本人側が中年もしくは高齢です。男女問わずです。外国人側が若いケースがほとんどです。

年齢差が大きくても正真正銘真っ当な結婚である方がほとんどかと思いますが、こと国際結婚においては年齢差があるカップルが偽装結婚で摘発されている実態があり、入国管理局としては疑わざるを得ないのです。よって年齢差が大きく配偶者ビザを取得したい場合にはしっかりとした結婚に至るまでの経緯説明と、2人の交際実態を立証する資料を提出し入国管理局に真実の結婚だと納得してもらう必要があります。

7、国際結婚仲介業者に依頼して結婚に至った場合は申請をより注意しなければならない

国際結婚仲介会社はインターネットで検索すると様々な会社がヒットします。中国人、ベトナム人、フィリピン人、東欧諸国の日本人と結婚したい外国人女性を紹介するサービスが多いようです。国際結婚仲介業者に申し込むと一番多いパターンは外国へのお見合いツアーです。お見合いツアーでは日本人が外国に行って複数の女性とお話しして、1回目の渡航もしくは2回目の渡航でご結婚を決めることが多いようです。

結婚を決めるのは本人の自由ですので、1回や2回だけの渡航で結婚を決めるのは自由です。しかし、1回や2回だけ外国へ渡航し数日滞在しただけで結婚を決めるのは交際実績としてはほとんど皆無なわけであり、その人を好きになって結婚したというよりも、結婚がまず先にありきの結婚となっているわけです。一般的な外国人側の視点としては、その日本人が好きだから結婚したのではなく、日本人だから結婚した、日本に行けるから結婚したという要素が多い方が多いのです。日本に行けるから結婚したというのはつまりビザ目的とも言えます。

さらにお見合い結婚の場合は、お互いに言葉が通じないことが多くどうやってコミュニケーションをとっているのか?という疑念を持たれます。

また国際結婚仲介業者経由で結婚した場合に配偶者ビザ申請上の注意点としては、依頼した国際結婚仲介業者の過去の実績です。おそらく国際結婚仲介業者はビジネスとして仲介している以上、過去にも複数のカップルを成立させてきたはずです。そしてそのカップルは配偶者ビザ申請をしてきました。その後のカップルがすぐに離婚しているようであれば仲介業者が悪質なのでは?という疑いを入国管理局からかけられています。実際に仲介業者を通して結婚した場合は、仲介業者の存在とその詳細を申請書には記載しなければなりません。

しかしながら、もちろん国際結婚仲介業者を経由してお知り合いになり、正真正銘真っ当なご結婚に至った方もたくさんいらっしゃいます。したがって国際結婚仲介業者を経由してご結婚された方は上記のような入国管理局側の疑念を払しょくできるようなしっかりとした準備と申請をする必要があります。

 

8、結婚式を挙げていない

日本人同士の結婚では、ほとんどのカップルは婚姻したら結婚式をしています。あなたの周りの友達を考えてみてください。ほとんどのカップルは結婚式をしているはずです。それは国際結婚でも同じです。統計上の問題ですが70%以上のカップルは結婚式を挙げています。再婚のカップルではもう少し挙式率は落ちるようです。金銭面、労力面など様々な理由はあると思いますが、挙式しないほうが少数派です。そこで偽装結婚という観点から見ると挙式をしない比率というのはものすごく高くなります。なぜなら本当の結婚ではないのに親族、友人らを招いて、さらに多額のお金を使ってまで結婚式はあげたくないからです。となると偽装結婚ではないのに挙式をしていない場合は、入国管理局からある程度偽装かも?という疑念を持たれると想定し、しっかりとした申請で対処することが必要です。

 

9、不倫から結婚に至ったケースでは説明に注意が必要です。

お付き合いを始めた当初、すでに結婚していて現在の配偶者と結婚に至った場合は、つまり不倫をして、配偶者と別れ、現配偶者とご結婚されたというケースだと思います。ご結婚に至るケースとしてはご本人のお気持ちはともかく、社会通念上バッシングをうけるような行為、また損害賠償を受けるような行為ですので、配偶者ビザ申請においては注意が必要です。

国際結婚における配偶者ビザ申請では「申請書」や「質問書」に事実と異なるウソの記載をすると2度と取り返しのつかない事態に陥ることがありますので、ご自身の状況に不利な点があっても安易に事実と異なる内容を記載して申請せずに、当事務所にご相談ください。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて