トップページ > ビザを更新する

ビザを更新する

在留期間更新許可

「日本人の配偶者等」の在留資格は、必ず「1年」か「3年」か「5年」の在留期間が定められています。つまり期限があり、期限に近づけば更新しなければならないということです。

「日本人の配偶者等」の更新手続は期限の3ヶ月前からできます。ギリギリになって慌てないように余裕をもって申請手続きをすることをお勧めします。

更新前に無職になってしまった、単身赴任で別居してしまっている、事情により海外に長期出国していた等の事情がある場合は手続きがスムーズに行かない場合もあるので、可能であれば当事務所に申請前にご相談ください。

今後「永住許可申請」をしたい場合は「3年」以上の在留資格をもっていることが申請条件となっていますし、ただでさえ面倒な入管手続きのため「1年」のビザにはならないでほしいというのがご本人の希望だと思います。永住申請する予定がなくとも、1年毎の更新では手続が大変です。当事務所では100%確約できるものではありませんが、3年または5年が取得できるように全力を尽くします。

更新についてのQ&A

日本人の夫が無職なったが配偶者ビザの更新は大丈夫?

別居や離婚協議中の配偶者ビザ更新はどうする?

永住申請のために3年の配偶者ビザを取りたい

日本人の配偶者ビザの更新時のポイントを教えてください。

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978


行政書士事務所はどこも同じだと思っていませんか?(他社との違い)

申請までのスピードが早い!

普段お仕事で忙しいあなたに代わって、申請書作成、理由書作成から入国管理局への申請代行までスピード感をもって対処いたします。

クオリティの高い申請書作成!

専門の行政書士がお客様個人個人の状況に合わせた申請書を高いクオリティで作成します。

相場より安い価格を実現!

東京都内の他事務所に比べ、業界でも比較的安価な価格帯を実現しています。

豊富な実績!

アジア各国やヨーロッパ諸国など様々な国の方との結婚ビザ手続きに実績があります。

成功報酬制をとっています!

当社はビザ申請の代行にあたり、万が一、不許可だった場合は全額返金しております。お金を払ったけど、結局ビザが取れなかった。当事務所なら決してそんなことありません。

土日、祝日も相談できます!

平日昼間はもちろん、サラリーマン・OLの方のために土日や祝日も相談可能です。面談の相談は事前予約制で、あなたのためにお時間を確保します。

相談場所は池袋駅前、新宿駅前、渋谷駅前、上野駅前、名古屋駅前で便利!

どちらのオフィスも駅前で便利です。都内4オフィス(池袋・新宿・渋谷・上野)、名古屋オフィスです。

オフィス拠点

  池袋オフィスJR池袋駅徒歩2分 

  新宿オフィスJR新宿駅徒歩1分 

  渋谷オフィスJR渋谷駅徒歩4分 

  上野オフィスJR上野駅徒歩5分 

  名古屋オフィス名古屋駅徒歩4分 

上野オフィス 上野 渋谷オフィス 渋谷 新宿オフィス 新宿オフィス 池袋オフィス 池袋

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて