トップページ > 在留特別許可申請

在留特別許可申請

在留特別許可申請

このままオーバーステイを続けますか?それとも、在留特別許可をもらって日本で生活しますか?

不法滞在(オーバーステイ)に関する詳しい事情をお伺いします。

ご安心ください!

行政書士には法律上『守秘義務』があります。ご相談に来ていただいてもお客様の情報が他に漏れることはありません。また警察や入国管理局へ連絡することはありません。

在留特別許可とは??

在留特別許可とは不法滞在(オーバーステイ)等の外国人に対し、法務大臣の自由裁量によって特別に日本在留を許可する措置で す。在留特別許可になるかどうかは、不法滞在(オーバーステイ)外国人の家族関係や日本滞在歴のほか、政策等でも影響があります。許可基準ははっきり明示 されておりませんが、『ガイドライン』が発表されております。

一般的に許可になりやすいのは下記の3つのケースです。

日本人と結婚していること

永住者と結婚していること

日本人の子供を養っていること

※許可の可能性が高いというだけで必ず許可になるわけではありません。在留特別許可は明確な基準がありませんが、刑法違反・素行不良、過去に退去強制手続きを受けている場合は許可がかなり難しくなります。また結婚していても偽装結婚では在留特別許可は認められません。

在留特別許可申請に必要な書類

入国管理局では、「提出書類について」という必要書類の一覧を配布しています。

下記の記載があるものです。

 

 

これが入国管理局で指定する最低限の書類です。最低限この書類が揃わないと申請ができません。参考にしてみてください。

在留特別許可申請で用意する書類は大きく分けて3つあります。

自分で作成する書類

役所や勤務先から取得する書類

コピーする書類(通常は家に保管してあるか携帯しているもの)

入国管理局で配布する「提出書類について」だけでは、申請を有利に進めるためには十分とは言えず、さらに下記の書類を自由形式で作成して提出するのが審査を有利に進めるポイントになります。

・婚姻に至るまでの経緯を説明する文書

・現在の生活状況を説明する文書

・将来設計を説明する文書

・嘆願書

・上申書

それぞれの書類の書き方ポイント

婚姻に至るまでの経緯を説明する文書

現在の生活状況を説明する文書

将来設計を説明する文書

嘆願書

上申書

サポート費用

在留特別許可はどのくらい時間がかかるのか!?

法務大臣の自由裁量で許可されるシステムですので明確な基準はありませんが、しっかり書類を準備して提出した方で6か月ぐらいの場合もありますが、審査が長くなり1年以上になる場合もあります。

【在留特別許可申請の流れ】

出頭申告

入国警備官による違反調査

入国審査官による口頭審理

特別審理官による口頭審理

法務大臣裁決により在留特別許可または退去強制

無料相談

日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。

さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。

無料相談を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて