トップページ > ビデオの書き起こし(日本人の配偶者ビザの申請スケジュール)

ビデオの書き起こし(日本人の配偶者ビザの申請スケジュール)

ビデオの書き起こし(日本人の配偶者ビザの申請スケジュール)

こんにちは、行政書士の小島健太郎です。

今回は日本人の配偶者ビザ申請のスケジュールについて説明したいともいます。

どうやって申請を進めていくか、申請のスケジュールですね。

日本人の配偶者ビザは取れますので、まず申請のスケジュールを確認してください。

1 面談
まず面談をさせていただいて、あなたのご結婚状況をお伺いします。どこで出会ったのか、どんな仕事をしているのかについて、ある程度プライベートなこともお聞きします。

2 必要書類の提示
お話をお伺いした後で、申請に必要な書類は何か、必要書類リストをお渡しします。まず必要書類は人によって違います。国籍も違いますし、職業も違います。結婚状況が人によって違いますので、必ずお話をうかがった後に必要書類のリストをお渡しします。

3 書類収集
リストをお渡しして、その書類を集めていただきます。

4 申請書一式+申請理由書・説明書の作成
これは私の事務所で全部作成します。ですので、お客様は基本的に何も書かなくて大丈夫です。ただ単に申請を作るのではなくて、確実な許可を見越した申請書一式を作成します。

5 申請代行
行政書士が代理で入国管理局に申請します。お客様が申請に行く必要はありません。

審査期間  1ヵ月~3か月くらいかかります。
↓ 
この審査期間中には入国管理局から連絡が来ることがよくあります。この内容はどういうことですか?もっと詳しく説明してくださいとか、これを証明する資料を提出してくださいなどです。こういった対応はすべて私の事務所で対応します。

6 結果通知・許可
基本的に当事務所を通して申請された方は無事許可ということになります。

 

依頼するメリットなのですが、

1 提出書類にミスがなくなる 
2 許可を見越した申請書類・理由書が作成できる
3 審査期間中の入管対応

という3つのメリットがあるとおもいます。

ご依頼の方法はインターネットか、お電話でまず相談の予約をお願い致します。
相談は無料になります。料金は95,000円+税~です。私の事務所では料金は完全成功報酬制を採用しておりますので、もし万が一不許可だった場合はお金はいただいておりません。

お金を払ったけどビザがもらえないというリスクはお客様にはありませんのでご安心ください。それでは宜しくお願い致します。

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて