トップページ > お客様の声 > お客様の声(平山様)

お客様の声(平山様)

現在、都内でお勤めされている平山様は、アメリカの大学での留学を終え、現地で就職していた2011年12月、カリフォルニア・サンタクララのカフェで、日本語で話しかけてきたヘイズ様と知り合いました。そして、2016年4月。晴れて、婚姻届けを提出し、ご夫婦となりました。
配偶者ビザをさむらい行政書士法人へ依頼した経緯について、おふたりにお話を伺いました。

プロフィール

平山 知恵様

30代

日本

会社員

ヘイズ・アンソニーポール様

30代

アメリカ

英語講師

経緯

2016年4月

無料相談(上野オフィス)

2016年4月

ヘイズ様の「在留資格変更申請」

2016年5月

入国管理局から「許可ハガキ」が届く

入国管理局に提出した申請理由書より一部抜粋)
■夫との交際経緯について
私が彼と知り合ったのは2011年12月8日で、カリフォルニア・サンタクララにあるベラーノコーヒーショップで出会いました。
私はその当時、アメリカのサザンニューハンプシャー大学での留学を終え、1年間サンタクララにある不動産会社で働いていました。彼は地元のサンノゼ大学に通う大学生で、日本語を専攻していました。上記のカフェで、彼は私が日本人と気づき、日本語で話しかけてきました。
(中略)
私達は2016年4月3日に婚姻届けを提出し、結婚式と披露宴は2016年10月に行う予定です。周囲からも祝福してもらい、結婚できた喜びを噛みしめながら、私達は新婚生活を送っています。

国際結婚の手続きで、困っていたこと

最初、自分たちでビザの申請をやろうとは思いませんでしたか?なぜ、行政書士に依頼したのですか?

自分たちでやろうかと、考えてはいました。
でも、私も平日は働いているし、法律などが絡むと分からないことも多いので。

アメリカで学生ビザや就労ビザを申請する時に、みんな弁護士を雇っていたりしていましたから、やっぱり専門家にお願いするほうが早いと思ったんです。

それに、インターネットでいろいろ調べていくと、最初は自分たちでやってみたけれど、結局、時間がかかってダメだったという話も読みました。
そういうふうに時間を無駄にしたくないというのもありました。

さむらい行政書士法人を選んだ理由

専門家もいろいろいると思いますが、いろいろ探しましたか?

インターネットでいろいろ探しましたが、かなりの数の専門家がヒットしました。
まずは場所が東京で自宅から近いところ、自分たちの予算に合うところ、あとは実際に訪問してから決めようかなという感じで探していました。

それにビザの申請は、ただ申請すればいいというものではなくて、書類の書き方とかもいろいろあるんだろうなぁ…って思ってたんです。だから「お願いしておけば、大丈夫!」というところを探していました。

さむらい行政書士法人の上野オフィスは、自宅から近くて来やすいし、ホームページの説明や送付してもらった案内資料も、とても分かりやすかったですね。

どんなふうに分かりやすかったのですか?

どういうステージで申請が進んでいくのか、お金はどういうふうに支払うのか「簡単すぎず、難しすぎず」理解できるレベルで書いてあったのが、とても分かりやすかったです。

案内資料を送ってもらい、それを読んでから一度こちらに相談に来て、その時に「ここなら大丈夫」という感じだったので、お願いすることを決めました。

お願いしようと思った、決め手はなんですか?迷いはありませんでしたか?

彼は以前、静岡の小中学校で外国語指導講師をしていたのですが、その契約も3月で終わり、次の仕事が始まるのがすぐだったんです。だから、とりあえず早く申請がしたいと思っていたから迷いはなかったです。

家からも近いし、説明も分かりやすいし、料金も自分たちの予算にあっているし。あと名前が良かったですね。私の両親に話した時も「さむらい?!」と言われましたが…「さむらいだから、大丈夫でしょう」って(笑)

その後の手続きはどうでしたか?大変でしたか?

さむらい行政書士法人からは、必要な書類のリストをいただいていたので、それをチェックしていけばいいだけでした。私たちで何か文章を書かなければいけないということもなく、チェックリストも明確ですごく分かりやすかったです。

写真も50枚ぐらい提出したのですが、二人だけで写っているものだけじゃなく、家族と一緒に写っている写真とか、友達と一緒に写っている写真とか。とりあえず手当たり次第集めましたね。

いま、国際結婚を考えている方へアドバイス

経験者として「こうしておいたほうがいいよ」というのはありますか?

1つ目は、写真は二人だけじゃない写真も撮っておいたほうがいいですね。家族や友達と一緒に写っている写真です。

2つ目は、LINEやSkypeのやり取りよりは、メールのほうが証拠を提出する時に時間が取られず、楽だと思います。

なぜ、「証拠を提出する時に時間が取られず、楽」なのですか?

印刷すること必要があるからです。実は、私と主人の場合、ほとんどがLINEでやり取りをしていたので、どこまでさかのぼればいいのか…。日付もすごい量が出てきてしまうので。

その点、メールなら印刷しやすいです。ふたりにとっての重要な場面になりそうな内容は、メールのほうが良かったと、資料を集めながら思いましたね。

おふたりの将来設計をお聞かせください

今のところは、日本で仕事をしていこうかなと考えています。

以前の彼の「教育の在留資格」では、できる仕事の幅が狭いので、転職活動をする時にも強いかなと思って、今回は早くビザを切り替えたいと思ったのです。

ヘイズ様は、日本での生活はどうですか?今後はどういうお仕事をしたいですか?

東京は、前にいた静岡より、もっとにぎやかですね。それが理由かわかりませんが、東京での生活はとても忙しいです。でも、いろいろなレストランがあるのでうれしいです!これからも、英語を教える仕事がいいですね。たぶん、公立中学の先生かもしれません。

最後に、さむらい行政書士法人に、メッセージをお願いします

(平山様)
こちらの対応はすごく迅速でした。分からないことがあってメールをすると、次の日の午前中には返事がきていることが多かったです。だから、返事が遅くて「ちょっと、なんなんだろう…」と心配になることはありませんでした。分からないことがあっても、「メールを送っておけば、明日には答えが返ってくる」という安心感がありました。来年、ビザの更新をする時も引き続きお願いしようと思います。
この度は本当にありがとうございました。

(ヘイズ様)
私が一番悩んでいたことは、次の仕事が始まるのに、ビザの申請が遅くなってしまったら「この仕事ができないかもしれない…」ということでした。しかし、「さむらい行政書士法人」のおかげで、仕事に就くことができました。ありがとうございました。


平山様、ヘイズ様、どうもありがとうございました。

 

※ 取材日:2016年6月
※文中に記載されている数値情報等は、いずれも取材当日のものです

入管申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

ビザ不許可時サポート

比較してみました

在留資格・ビザの基礎知識

在留資格・ビザの基礎知識

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて