トップページ > 就労ビザについて > 留学から就労へ変更申請時期

留学から就労へ変更申請時期

留学から就労への在留資格変更の申請はいつするべきか?

入国管理局では留学生の新卒者については12月ごろから申請の受け付けはしています。

入社日である4月1日には間に合うように許可するように配慮してくれているようですが、ただ、この時期は大勢の外国人の申請が重なり2月下旬以降に申請を出した場合は、許可が出るのが5月以降になることも珍しくありません。

また、3月に申請を出せば6月まで結果が来ないということもよくあります。新卒外国人に内定を出した会社としては、本人に申請を任せきりにすることは避け、会社として申請を管理しておくことが必要です。

留学のビザと就労のビザは手続きが全く違いますので、外国人本人は基本的に正しい知識を持っていることはまれです。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました


クリックすると、TDB企業サーチが表示されます。