トップページ > 技術人文知識国際業務ビザ > 就職する会社の規模について

就職する会社の規模について

就職する会社の規模について

社員が数名の小さな会社だからといって就労ビザが出ないということはありません。要するに安定性と継続性があればよく、会社の規模ではありません。新設会社(1期目)の会社で、社長1人の会社でも事業計画書を通してアピールできれば外国人社員の就労ビザは取得可能です。2期目以降の会社は決算報告書によって安定性と継続性が審査されますが、決算の内容がよくない場合は、これもまた事業計画書で今後の展開をアピールすることにより十分就労ビザの許可可能性を高めることができます。とはいえ、一番重要なのは、外国人社員の職務内容と学歴の合致になります。ここがずれているといくら会社が安定していても一発で不許可となりえます。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました