トップページ > 技術人文知識国際業務ビザ > フリーランスでビザ取得

フリーランスでビザ取得

フリーランスでの技術・人文知識国際業務ビザの取得

例えば、企業などから仕事を外注されてフリーランスとしてITエンジニアで働く場合や、通訳者や翻訳者として働く場合が当てはまります。この場合フリーランスの形でも技術人文知識国際業務ビザの取得は可能です。フリーランスは個人事業主という形となります。本来は個人事業主として就労ビザの取得は難しいのですが、お仕事の契約期間や契約金額、複数社との契約をしているなど安定性が認められれば技能人文知識国際業務ビザの取得が可能となります。ただし、売上の金額がかなり多くなってくる場合や、社員を雇うような規模になる場合は技術人文知識国際業務ビザ(就労ビザ)のままでは適用外となり、経営管理ビザへの変更を考えなければなりません。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました