トップページ > 技術人文知識国際業務ビザ > 短期滞在⇒就労ビザ変更

短期滞在⇒就労ビザ変更

短期滞在⇒就労ビザへの変更

査証免除国の方、そうではない方も原則論として、「短期滞在」から他の在留資格(ビザ)への変更は認められていません。そのため、ノービザで来日した際に就職先が見つかり就労ビザを取りたい場合に「在留資格変更許可申請」はできません。この場合の手続きは「在留資格認定証明書交付申請」を行うことになります。
認定証明書交付申請は「短期滞在」とは全く別の手続きですので、この申請が受理されても「短期滞在」の期限が切れる前に出国しなければなりません。認定証明書が許可されたら、それを本国に送ってもらい、本国の日本大使館で手続きし、来日するのが正規の手続き方法となります。

 

ただし「短期滞在」の期限内に「在留資格認定証明書」が交付された場合には、例外として「短期滞在」から「在留資格変更許可申請」が可能になります。在留資格変更許可申請書に交付された認定証明書を添付して申請します。この場合は変更申請なりますので、申請受理後は、短期滞在の期限が切れたとしても、結果が出るまでは日本に滞在することができます。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました