トップページ > 技能ビザ > 開店すぐの外国人調理師の招聘

開店すぐの外国人調理師の招聘

新規開店したばかりで外国人調理師は招聘可能か?

はい、可能です。オープンしたばかりでも外国人調理師を現地から招聘することが可能です。ただ、開店したばかりで何も実績がない状態ですから、損益計算を含めた事業計画書を作成して入国管理局に提出することが必要になります。オープンしたばかりの店だからといってビザの許可が下りないということはございません。よく何名まで呼べるかという質問を多くいただきますが、お店の規模、席数、売上、事業計画によって変わってきます。その人数の調理師を雇用する必要性が証明できればよいのです。オープン前でも申請は可能ですが、飲食店営業許可を取得済みであることは申請のため最低条件となります。
お店についてですが、「外国において考案され我が国において特殊なものについて営業する専門店」が技能ビザ許可を対象となります。そのため、外国料理の専門店であるかどうかが審査ポイントにもなります。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました