トップページ > 技能ビザ > 実務経験年数の数え方

実務経験年数の数え方

実務経験年数の数え方

外国人調理師の「技能ビザ」を取得するためには、原則10年以上の実務経験が必要になります。

そしてその10年の実務経験があるということを各種証明書で立証する必要があります。

10年の実務経験の数え方についてよく質問を受けますが、入国管理局の審査基準では、「料理の調理または食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものについて10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該料理の調理または食品の製造に係る科目を専攻した期間を含む)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの」になっています。

ですので、実際の実務経験にプラスして、専門学校などで当該料理について学んでいたのであれば学生の期間も通算して計算できます。

注意点は10年以上の実務経験という基準は、1~2ヶ月不足しても不許可になりますので、正確に10年以上が必要であると考えてください。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました