トップページ > 技能ビザ > 領事館でのビザ不許可

領事館でのビザ不許可

領事館でのビザ不許可

外国人調理師の採用が決まり、各種書類を準備して日本の入国管理局へ「在留資格認定証明書交付申請」をして、無事許可になったとします。

そして、認定証明書を現地へ郵送し、本人が現地の日本領事館へビザ発給申請をすることになります。しかし、まれに領事館で不許可になるケースがあります。

入国管理局が許可をしているにもかかわらず、領事館で不許可とされるのはどうしてでしょうか?

残念ながら拒否の理由は一切公表してもらえないため対応ができません。おそらく現地での審査の過程で現地でしかわからない理由が判明したのだと考えられます。

そして領事館で拒否された場合は、日本の入国管理局へ再度申請を出してもほとんどが不許可となります。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました