トップページ > 技能ビザ > 外国人コックの採用人数

外国人コックの採用人数

1店舗につき何人まで技能ビザで外国人コックを採用できますか?

1店舗につき何人の外国人コックを採用できるかについては、その店の広さ、席数、営業日、営業時間が関係してきます。店の広さや席数、営業日や営業時間によって店舗運営上、必要となる調理師の数は決まってくるわけで、合理的に必要な人数までは外国人調理師を海外から呼ぶことは可能です。

 

調理師が1人で全営業日・全営業時間を勤務することは現実的にはできませんから、小さめな店舗であっても2人の調理師くらいまでなら招へいできるでしょう。

 

では、技能ビザで3人、4人、5人と招へいしたり、採用したりするには店の広さ、席数、営業日、営業時間が関係するのです。1店舗につき3名以上外国人コックを技能ビザで採用するには、広さの証明、席数の説明、営業日と営業時間の説明に加え、それぞれの調理師のシフト表なども添付すると説明しやすいと思います。そして文書で「その人数の調理師が必要な合理的な理由」を説明します。店の広さに合わない人数を採用しようとすると「各人に適正な仕事量なし」として不許可になります。

 

また、技能ビザで働く外国人コックは基本的に、ホールなどの単純作業は禁止されています。あくまでも熟練した技能を発揮する外国料理人の仕事であるわけです。また技能ビザで外国料理店を経営することはできません。外国料理店を経営する仕事は「経営管理ビザ」になります。

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました